AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI
  2. 14 view

ソラコム、AIカメラの開発をリモート体験する「S+ Camera」トライアル機能で、17種類の汎用アルゴリズムが試用可能に

ソラコム(東京都)は、AIカメラ「S+ Camera(サープラスカメラ)」シリーズで、遠隔からAIカメラの操作を試すことのできる「トライアル機能」をバージョンアップした。従来から提供していた2種類に加えて、17種類の汎用的なAIアルゴリズムをインストールして試用可能となった。

S+ Cameraは、Linuxベースの小型コンピューターとセルラー通信(LTE)を搭載し、取り付けて電源をいれればすぐに使い始められる。最も大きな特徴は、カメラに自作のAIアルゴリズムをリモートインストールできる点。

ソラコムAI

昨今リモートワークやスマート保安による高度化・省人化が急速に浸透しつつあり、AIカメラ活用シーンも、商業施設の混雑度チェック、街中の交通量調査、駐車場の管理など様々な分野で拡がっている。このような自社の用途に最適化したAIソリューションを利用するには、AIアルゴリズムの開発が必要だが、すでにあるAIアルゴリズムをベースにカスタマイズすれば、短期間、少ない開発工程でAIソリューション活用を始めることも可能となる。

「トライアル」機能では、AIカメラの購入前に手持ちのパソコンからリモートに設置されたS+ Camera Basicの実機にアクセスし、実際の開発や操作の流れを体験できる。

トライアル機能で利用できるアルゴリズムは、次の通り。Congestion Monitor (滞在人数カウント)、Customer Attributes (顧客属性判定)、Area Alert (禁止エリア侵入検知アラート) 、Mask Classification (マスク未着用者検知アラート) 、Number Plate Detection (ナンバープレート OCR) 、Vehicle Counter (駐車場台数カウント) 、Cardboard Counter (段ボール検知) 、Helmet Alert (ヘルメット検知) 、QR Code Reader (QR コード知)、Facial Expression (表情分類) 、Vehicle Alert(乗り物の物体検知+アラート) 、Cat Alert (猫の物体検知+アラート)、Dog Alert (犬の物体検知+アラート)、People Alert (人の物体検知+アラート)、Truck Alert (トラックの物体検知+アラート)、Smartphone Alert (スマートフォンの物体検知+アラート)、Ramen Type Classifier (ラーメン種別推定) 。

AIの最近記事

  1. イクシス、道路AI解析サービスをリリース。道路ひび割れ点検・ガードレール支柱の錆点検

  2. 第6回AI・人工知能EXPO【春】開催。2022年5月11日から

  3. ソラコム、AIカメラの開発をリモート体験する「S+ Camera」トライアル機能で、17種…

  4. 従業員の90%が、必要な情報を得るためにドキュメントを探す時間を使い、約20%が「週平均で…

  5. はるやま商事が「Bodygram」のデジタル採寸技術を採用。店頭での接客にAIテクノロジー…

関連記事

PAGE TOP