AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI-OCR
  2. 1204 view

パナソニック、手書きの文字認識「帳票認識ライブラリー AI手書き文字認識オプション」を提供

パナソニック ソリューションテクノロジー(本社:東京)は、「帳票認識ライブラリー」のオプション製品として、手書き文字の認識精度を改善した「帳票認識ライブラリー AI手書き文字認識オプション」の提供を開始した。

panasonic OCR

手書き文字は文字サイズのばらつきや書き癖など機械による読み取りが困難な文字が多く、正確なデータ化に課題がある。すでにOCR(Optical Character Recognition:光学的文字認識)を活用した紙文書の電子化は進みつつあるが、現場では業務効率化の手段としてより高精度なOCR技術が求められてきたところだ。

同社は、AI技術「ディープラーニング」を活用した「帳票認識ライブラリー AI手書き文字認識オプション」を開発し、申込書や請求書、アンケート用紙などの「住所」「氏名」「会社名」「電話番号」の手書き文字の認識精度を高めた。手書き文字の誤読率を同社の従来製品から75%改善した。紙帳票のデータ入力やチェックを省力化、データエントリー業務の効率化などでの利用を見込む。

「帳票認識ライブラリー」は、かすれた文字など低品質文字にも強い高精度OCRエンジンを搭載。スキャンした注文書・勤怠管理表・アンケートなどの帳票画像から、活字、手書き文字、チェックマーク、バーコード、QRコードなどを認識し、編集可能な電子データに変換する帳票向けOCRソフトウェア開発キット。累計出荷台数1,000万台を超える。

 

AI-OCRの最近記事

  1. AI OCR活用の実態調査。約7割が、AI-OCRで読み取った文字の目視確認に1日5時間以…

  2. Money Forward X、京都信用金庫を通じて業務DXサービスを提供

  3. 健康診断の紙の結果をデジタル化するAI-OCRサービス「WellaboSWP デジパスPl…

  4. AI+OCR技術でコロナワクチン予診票100枚を8分で保管。事務処理の大幅改善へ。

  5. バクラク、経費精算や稟議の申請・承認が可能なiOSアプリをリリース

関連記事

PAGE TOP