AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI-OCR
  2. 110 view

パーソルグループ「障害者×AIによる高度経費精算業務の実施に関する実証実験」を開始

ファーストアカウンティング(東京都)、パーソルチャレンジ(東京都)、パーソルイノベーション(東京都)は、AIソリューション「Robota」を活用した高度経費精算業務の実施に関する実証実験を支援する。

パーソルチャレンジでは、従来、グループ会社35社から送られてきた領収書項目のデータ化と申請データとの突合業務が、障害のある方の手作業によって行われてきた。パーソルイノベーションが開発した経費精算システムに「領収書Robota」の高精度かつスピーディなAI-OCR技術を搭載することにより、経費精算業務における領収書画像の読み取りのほか、読み取ったデータと申請されたデータの突合が自動化でき、大幅な作業時間の削減が可能となるとしている。

今回の実証実験にあたっては3社を抽出し、およそ800件の経理処理に「領収書Robota」の導入を予定している。この800件の経理処理でのチェック工程において80%を自動化し、全体の工数のうち30%の削減を目指す。障害のある方のみならず、オペレーターと突合業務の自動化の仕組みであるAIソリューション「Robota」を組み合わせることで、リモートワークの実現や作業の軽減及び効率化を図り、より多くの経費精算処理を可能にするとともに、業務効率化によって時間並びに障害者雇用の創出を支援することを目論む。実証実験は、2020年10月1日から開始。期間は約3カ月を予定している。

 

AI-OCRの最近記事

  1. エムティーアイ、領収書読み取りアプリ「FEEDER+」の販売を開始。

  2. 決算書の読み取りが飛躍的進化 「スマートOCR(AI-OCR)決算書基本パック」がメジャー…

  3. キヤノンITS、AI OCRソリューション 「CaptureBrain」無料トライアルプラ…

  4. キヤノンMJ、朝日生命の保険契約や支払い業務の手続きのスピードアップする「イメージ処理プラ…

  5. アジラ、AI-OCR「ジジラ」をローレルバンクマシンへ事業譲渡

関連記事

PAGE TOP