AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI-OCR
  2. 566 view

弥生会計ラインアップとSansanが手掛ける請求書のオンライン受領サービス「Bill One」が連携

弥生(東京都)は、2021年3月より「弥生会計」をはじめとする弥生会計ラインアップと、Sansan(東京都)が提供する請求書のオンライン一元管理サービス「Bill One」が連携すると発表した。これにより、両サービスの利用者は、「Bill One」によりデジタル化された請求書データを手間なく弥生会計ラインアップに連携し、経理業務の効率性を向上させることができるとしている。

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに多くの企業でテレワークが推奨され、業務をデジタル化する動きが活発になっている。その一方で、経理部門には紙の請求書が経理業務の入り口に存在するため、業務全体のデジタル化が進みにくい現状がある。

「Bill One」は、クラウド名刺管理サービス「Sansan」で蓄積したAI OCR・入力オペレーターを掛け合わせたデータ化技術を用いることにより、あらゆる請求書をデータ化しクラウドで一元管理することを実現した。「Bill One」のユーザーは、紙を含むすべての請求書をデータ化された状態で処理することができる。

bill one

「Bill One」から請求書をCSVデータにてダウンロードできるようになり、データ化された勘定科目は取引先単位のルール設定機能を利用して自動入力を利用することができる。「Bill One」からダウンロードされた仕訳情報をそのままインポートすることで、弥生会計ラインアップで自動で会計帳簿や決算書、レポートを作成することができる。

 

AI-OCRの最近記事

  1. スルガ銀行、手書き情報のデータ化に「invoiceAgent AI OCR」を導入

  2. ネットスマイル、帳票画像処理に関する特許を取得。AIにより膨大な数のテンプレート作成が簡単…

  3. 上智学院、年間約5,000件の出張申請・精算にJTBのJ’sNAVI NEOを採用

  4. JDLが「AI-OCR確定申告入力システム」を発売。医療費控除・寄付金控除の関連書類を読み…

  5. エムティーアイ、領収書読み取りアプリ「FEEDER+」の販売を開始。

関連記事

PAGE TOP