AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI-OCR
  2. 1154 view

手書き文字認識AI「Tegaki」搭載のOCRソリューションを提供開始

アイク・ラボ(本社:札幌)は、Cogent Labs(本社:東京)とAIを活用した手書きOCR分野で付加価値再販パートナー契約を締結し、「手書き文字認識AI搭載OCRソリューション」を7月18日から提供を開始した。

手書き文字認識AIエンジンの「Tegaki」を搭載し、紙の帳票やファイル(PDF,JPEG,PNG)など、書類のデータ入力業務における効率化を実現するサービス。

同社が提供する「手書きOCRソリューション」は、フォルダ連携機能や直観的な操作が可能なUIなど、ビジネスの現場に適したOCRソリューション。AIエンジン「Tegaki」による文字読み取り技術に加え、精度チェック機能やUI上での修正画面など、従来のOCRサービスでの課題である精度の向上とともに、ソリューションの導入に伴う既存の業務フローを大きく変える煩わしさを省くことが可能としている。

手書きOCR

同社が想定する利用シーンとしては、受発注業務の伝票(仕入・納品・注文書等)処理、作業報告、申し送り書、営業日報、業務報告書等のデータ化、会員登録、利用申込書、セミナー/イベントでのアンケート等の入力、BPO企業におけるデータエントリー業務などが挙げられている。

AI-OCRの最近記事

  1. AI+OCR技術でコロナワクチン予診票100枚を8分で保管。事務処理の大幅改善へ。

  2. バクラク、経費精算や稟議の申請・承認が可能なiOSアプリをリリース

  3. スルガ銀行、手書き情報のデータ化に「invoiceAgent AI OCR」を導入

  4. ネットスマイル、帳票画像処理に関する特許を取得。AIにより膨大な数のテンプレート作成が簡単…

  5. 上智学院、年間約5,000件の出張申請・精算にJTBのJ’sNAVI NEOを採用

関連記事

PAGE TOP