AI、OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. RPA
  2. 66 view

電通国際情報サービスとネットスマイル、AI-OCRで提携

電通国際情報サービス(本社:東京都、以下ISID)と、人工知能(AI)関連サービスを展開するネットスマイル(本社:東京都)は8月8日、ネットスマイルが開発・提供するAI-OCRサービス「AIスキャンロボ®」の販売パートナーシップ契約を締結したと発表した。

企業における働き方改革が加速する中、多くの企業でRPAを活用した業務効率化が進められているが、多数の取引先との間で書類のやり取りが発生する業務では、紙書類のデータ化が課題となり、RPA導入がスムーズに進まないケースも散見される。特に請求書や注文書など相手先毎にフォーマットが異なる書類は、従来のOCRでは正確な読み取りが難しく、業務効率化の阻害要因となっていた。

「AIスキャンロボ」は、非定型書類のフォーマットをAIにより分析しテンプレートとして蓄積することで、反復的に登録される取引先のデータをより速く正確に読み取ることができるAI-OCR。また、読み取り結果をAIが継続的に学習することにより、利用する期間が長くなるほど正確性が増す。これらの特長と、ISIDが持つ数多くの基幹業務システム構築やRPA導入のノウハウを組み合わせることで、受注や支払など非定型書類の処理を伴う業務へのRPA適用を支援するとしている。

 

RPAの最近記事

  1. 電通国際情報サービスとネットスマイル、AI-OCRで提携

  2. RPAツール「WinActor」の認定研修制度を運用開始

  3. キヤノンMJ、帳票発行業務を支援するクラウドサービス。業務改革支援のBPOサービス事業を強…

  4. 職員のレセプト業務を459時間を削減、神戸市RPA実証実験

  5. WinActor導入企業が2,000社を突破。野良ロボット防止の管理サービスも提供開始決定…

関連記事

PAGE TOP