AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI-OCR
  2. 212 view

AI-OCR「DX-Suite」のAI insideが東京証券取引所マザーズに新規上場

人工知能事業を手掛ける「AI inside」が、2019年12月25日に東京証券取引所マザーズに新規上場した。証券コードは4488。

AI inideはAI-OCRサービス「DX Suite」をユーザーへ提供。「DX Suite」は内部に「Intelligence OCR」「Elastic Sorter」「Multi Form」の3つのアプリケーションを有しており、組み合わせて契約・利用することができる。

AI inside 目論見書

出所:AI inside 目論見書

2019年3月期の売上高は445百万円で経常利益は182百万円のマイナス。現在進行中の2020年3月期第2四半期累計では、売上が613百万円、経常利益が176百万円と黒字化している。顧客数は、2019年3月期に10件から185件に増加。更に2020年3月期の第2四半期までで361件(純増176件)と大幅に伸ばしている。契約顧客数が増加したことにより、セリング型売上が倍増したのに加え、リカーリング型売上が前期の97百万円から半期で225百万円へと大幅に伸びている。チャーンレート(解約率)が0.58%と低いことから、今後の安定的な売上が見込まれ、同社は2020年3月期を売上高1,335百万円、経常利益193百万円と増収増益を予想している。

AI-OCRの最近記事

  1. 「楽楽精算」機能を強化。OCR 技術活用でスマホで書類データの自動読み取りが可能に

  2. パナソニック、カメラ画像などの複雑な背景内文字や特殊文字の検出、認識を実現

  3. AI-OCR「ABBYY FlexiCapture用MAIAラーニング」提供開始

  4. OCR付き請求書処理AI「sweeep」が「クラウド会計freee」とAPI連携を開始

  5. AI-OCR「DX-Suite」のAI insideが東京証券取引所マザーズに新規上場

関連記事

PAGE TOP