AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. RPA
  2. 267 view

RPAツール「WinActorR」のグローバル展開を強化。中国語版をリリース。

Winactor

NTTアドバンステクノロジ(本社:神奈川県)は、RPAツール「WinActor」の英語版(Robotic Process Automation Software OR-5200:2017年5月22日に販売開始)の機能追加を行うとともに、中国語版(Robotic Process Automation Software OR-5300)を新たに投入し、それぞれ9月10日から販売を開始する。

「WinActor」は、企業等の働き方改革・業務効率化に貢献するツールとして注目されているRPAツールのひとつであり、日本国内においては、金融業から物流・小売業と幅広い分野の企業、約1,500社に導入されている。Windowsアプリケーション、Webアプリケーションで行うさまざまな操作を「シナリオ」として記録し自動化。定型的な繰り返し業務や、大量データを扱う業務を正確に再現することが可能。さらに、既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた複雑な操作や、複数システムにまたがるデータの投入を自動化し、人手作業の効率・品質・コストの大幅な改善につなげることができ、業種や会社の規模に関わらず、幅広い業務で活用されている。

同社は、グローバルおよびAI×ロボティクスを重点ビジネスと位置付けており、「WinActor」は、同ビジネスを牽引する中核商材。今回、英語版については、さらなる機能追加を実施し、より便利に、効率的にWinActorを利用できるようになる。また、中国語版の販売を開始することで、中国国内ローカル利用者にも対象を拡大する。

 

RPAの最近記事

  1. AI自動入金消込「STREAM」、DXによる経理業務の効率化。属人化している入金消込業務を…

  2. いえらぶCLOUD×RPA。不動産会社の生産性向上に向け、RPAの導入支援・コンサルティン…

  3. ディップ、中途採用の面接日程調整をワンストップで対応する「面接コボットfor転職」の提供開…

  4. オートメーション・エニウェアのRPAを使用。三井E&S環境エンジニアリングが横断…

  5. NTTデータ、統合運用管理ソフト「HinemosR」より「WinActorR管理機能」を提…

関連記事

PAGE TOP