AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI-OCR
  2. 65 view

コロナ禍のテレワーク中に、契約書に関わる会社員の約7割がやむなく出勤

文書管理システムを提供する鈴与(本社:静岡県)は、コロナ禍でテレワークを実施している都内企業に勤める会社員300名を対象に、インターネット調査を実施。調査の結果、テレワーク中に契約書作成や押印に伴う業務でやむなく出勤していたことや、出勤時よりもテレワーク時の方が契約書業務に時間がかかっていたことが明らかになったとした。

調査1-(1) Q出勤しなければいけなかった業務は、具体的にどのような業務ですか?(複数回答可)

ai-ocr

調査1-(2) Qテレワークに対してどのように感じていますか?(自由回答)
・通勤がない点は良いが、捺印関係で時間や調整ごとが増えた点が不満(男性 50代 販売・営業)
・契約書の作成が困難だった(男性 50代 情報システム)
・在宅の方が無駄やストレスがなく良かったが、紙での業務をなくしてほしいと思った(女性 30代 販売・営業)
・自分のペースで仕事ができた。通勤がなかったので体が楽。印鑑の必要な書類がないと便利(女性 50代 総務)
・ハンコ文化がなくなれば、どの業種でもテレワークが進みそうだなと思った(女性 40代 経理・財務)
・電子押印があるとよい(男性 50代 販売・営業)

調査2 Qテレワークで業務を行う際、出勤しているときよりも手間や時間がかかる仕事はありましたか?(複数回答可)

RPA

同社では、「契約書作成・押印業務」は、テレワークを阻む大きな課題であり、その大きな原因は紙文化にあるとし、コロナ禍でのテレワークが契機となって、電子契約の導入がさらに加速すると推測している。

 

AI-OCRの最近記事

  1. ネスレ日本がAI-OCRで50%のコスト削減を実現。ネットスマイルのAIスキャンロボ。

  2. AI inside、エッジコンピュータ「AI inside Cube mini」新発売

  3. パーソルグループ「障害者×AIによる高度経費精算業務の実施に関する実証実験」を開始

  4. LINE、AI文字認証技術「CLOVA OCR」を活用した請求書のデジタル化を促進。

  5. インフォディオ、撮影した源泉徴収票のデータ化をAI-OCRで可能に。

関連記事

PAGE TOP