AI、OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. OCR
  2. 104 view

税務会計業務にもOCRの波 MJSがドキュメントスキャナー「Scan Snap」と連携開始

財務・会計システムのミロク情報サービス(本社:東京都)は、ドキュメントスキャナーのリーディングカンパニー株式会社PFU(横浜本社:横浜市)が開発・販売するドキュメントスキャナー「Scan Snap(スキャンスナップ)」を介したクラウドサービス「Scan Snap Cloud(スキャンスナップクラウド)」と、MJSのBtoBクラウドプラットフォーム「bizsky(ビズスカイ)」上で稼働する、クラウドサービスの連携基盤「MJS-Connect(エムジェイエスコネクト)」との連携を開始した。

会計事務所や顧問先企業において課題とされてきた「紙」を中心とした煩雑な入力作業や証憑管理が、Scan Snapにより一括スキャンするだけで、電子化した証憑をクラウド環境に格納することができ、会計事務所は会計データとして活用することができる。

ミロクOCR

 

顧問先企業は、レシートや領収書などの証憑書類をドキュメントスキャナー「Scan Snap」で読み込み、クラウド環境「Scan Snap Cloud」を介して「MJS-Connect」へ、アップロード。「MJS-Connect」に格納されたそれらの電子証憑は、OCR解析により会計システムの自動仕訳処理に必要な会計データに変換される。

会計事務所は、変換されたデータと証憑の画像データをスムーズに統合会計システム「ACELINK NX-Pro(エースリンクエヌエックスプロ)」へ取り込むことができる。

顧問先企業は、会計事務所への煩雑な証憑提出が効率化され、会計事務所は、顧問先企業から委託される会計・仕訳入力業務をスマート化できるという。

 

OCRの最近記事

  1. トーマツ 独自開発の人工知能「Deep ICR」を中核としたAI-OCRソリューションを提…

  2. AI-OCRを活用したBPOサービス開始、パーソルテンプスタッフ

  3. BoxとEduLabが技術連携、手書き文字の自動デジタル化とクラウド検索

  4. 過去最多の750社出展。第9回Japan IT Week秋の開催迫る。

  5. Cloud PARKとTegakiが連携「自治体向けAI手書き文字認識サービス」開始

関連記事

PAGE TOP