AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI
  2. 338 view

Hmcomm、新型コロナの影響を考慮。ロボット・コールセンター事業本格開始を早める

Hmcomm産総研

国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県、「産総研」)発ベンチャー「Hmcomm」(本社:東京都)は、ロボット・コールセンター事業をHmcomm熊本AIラボにて、2020年3月23日より本格的に開始する。

コールセンター業界におけるオペレータの採用難などの人材の不足が深刻化する中、Hmcomm社は、AI音声自動応答システム(以下「Terry」)のソリューションを提供してきた。「Terry」とは音声認識と音声合成、自然言語処理を駆使しAIが、客の電話に音声で自動対応するAIオペレータであり、「Terryセンター」はこの「Terry」によって実現するロボット・コールセンター。

産総研ベンチャー

 

Hmcomm社は、既にコールセンター事業の開業が可能な状態で準備をしていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、コールセンターのBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対策の一環として問い合わせが増加したため、ロボット・コールセンターとして今月に開業を行う方針。

AIの最近記事

  1. Flitto、NAVERとAI翻訳・OCR分野において、戦略的業務提携を発表

  2. 2021年正月三箇日の初詣の人流を年代別・時間帯別に分析。AI解析による「人流予測モデル」…

  3. 大東建託、基礎工法を自動判定する「AI基礎工法判定システム」を共同開発

  4. アヴネット、クラウドからエッジAIの最新情報を提供する無料オンラインイベント「AI Dis…

  5. ミロク、AIを活用した仕訳・残高チェックシステム「MJS AI監査支援」、中堅・中小企業向…

関連記事

PAGE TOP