AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI
  2. 256 view

日本初のAIスタートアップ育成制度「AI.Accelerator」デモデイ開催

AI Acceleratorディップ(本社:東京都)は、日本初のAIスタートアップ育成制度「AI.Accelerator(エーアイアクセラレータ)」において、9期採択企業のプログラム成果発表会であるデモデイを、2019年8月27日に開催すると発表した。

同社は、人口減少時代のキーテクノロジーであるAI(人工知能)に注目し、2016年6月よりAI専門メディア「AINOW(エーアイナウ)」の運営を開始。そこで、日本のAIベンチャーの創業数は北米と比較すると立ち遅れている現状を認識し、国内AIベンチャー活性化の一助となるべく2017年4月に「AI.Accelerator」を開始した。

「AI.Accelerator」は、AI特化のインキュベーションプログラムで、AI関連事業及び優秀な人材へのシード投資を行い、世界を席巻するAIメガベンチャーを輩出することを目指している。この度「AI.Accelerator」の9期採択企業について、採択企業と支援チームのプログラム成果を発表するデモデイを開催する。

登壇予定の9期採択企業は、Sporttip(トレーニングコーチングAI)、Transient(漁業効率化AI)、ROX(店舗、ECの需要予測AI)、Bluem(スマートホームエージェントAI)、Chillstack(ゲームの不正検知AI)、emol(メンタル状態を向上させるパーソナルAI)、PLAY(AI・RPA・SaaS人材育成)、Magellan(おでかけレコメンドAI)、TechOcean(技術系リクルーティングAI)の9社。

デモデイは8月27日(火)19時から、住友不動産六本木グランドタワー31階の同社オフィス内で行われる。参加は無料。

 

AIの最近記事

  1. はるやま商事が「Bodygram」のデジタル採寸技術を採用。店頭での接客にAIテクノロジー…

  2. AIを活用した仕訳・残高チェックシステム「MJS AI監査支援」、クラウド対応であらゆる財…

  3. Flitto、NAVERとAI翻訳・OCR分野において、戦略的業務提携を発表

  4. 2021年正月三箇日の初詣の人流を年代別・時間帯別に分析。AI解析による「人流予測モデル」…

  5. 大東建託、基礎工法を自動判定する「AI基礎工法判定システム」を共同開発

関連記事

PAGE TOP