AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI
  2. 20 view

AIを活用した仕訳・残高チェックシステム「MJS AI監査支援」、クラウド対応であらゆる財務・会計システムとの連携が可能に

財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(東京都)は、AIを活用した仕訳・残高チェックシステム「MJS AI監査支援」について、6月27日よりあらゆる財務・会計システムとの連携が可能なクラウドサービスを開始する。

MJS

「MJS AI監査支援」は日次、月次、年次の財務会計処理の業務において、担当者が入力または自動作成した仕訳の処理ミスや処理漏れなどを自動でチェックするシステム。2019年の提供開始以来、これまでにMJSの各種ERPシステムとの連携をはじめ、会計事務所が顧問先の会計データを監査する際や、企業が自社の仕訳データや試算表をチェックする際に利用されており、新たに他社の財務・会計システムとの連携を開始した。

「MJS AI監査支援」によるチェック結果は、確認が必要と思われる科目や金額が一目で分かるようレポートとして表示される。チェックルールは、①税法などを踏まえたうえで、誤りが発生しやすいポイントを考慮しあらかじめ設定された「システム標準ルール」、②ユーザーが設定する「オリジナルルール」の2つを任意に組み合わせてチェックすることが可能となる。さらにAI機能により、学習データとチェック対象の仕訳データを比較し、確認が必要と思われる仕訳に対して修正提案を行う。また、事前に担当者情報を登録することで、複数人で『MJS AI監査支援』にログインすることが可能。複数会社がある場合、会社別に担当者を設定することもできる。

同社では、新システムにより仕訳の科目や金額に誤りや異常値がないか、会計基準・税法に沿った正しい処理がされているか等チェックするのにかかっていた時間の短縮や業務の効率化、さらには月次・年次決算の早期化にもつながり、働き方改革の推進や人手不足といった課題解決を支援できるとしている。

AIの最近記事

  1. はるやま商事が「Bodygram」のデジタル採寸技術を採用。店頭での接客にAIテクノロジー…

  2. AIを活用した仕訳・残高チェックシステム「MJS AI監査支援」、クラウド対応であらゆる財…

  3. Flitto、NAVERとAI翻訳・OCR分野において、戦略的業務提携を発表

  4. 2021年正月三箇日の初詣の人流を年代別・時間帯別に分析。AI解析による「人流予測モデル」…

  5. 大東建託、基礎工法を自動判定する「AI基礎工法判定システム」を共同開発

関連記事

PAGE TOP