AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI-OCR
  2. 244 view

OCR付き請求書処理AI「sweeep」が「クラウド会計freee」とAPI連携を開始

オートメーションラボ(本社:東京都)とfreee(本社:東京都)は、互いに盛況するサービス間でのAPI連携を開始した。このAPI連携によりsweeep読み取った請求書ファイルとAIが自動作成した会計仕訳データを会計freeeへ自動インポートさせることができる。
また、会計freeeで保持する勘定科目・口座・取引先・品目などマスタデータをsweeepへ常に同期させることが可能となり、システム間の連携ストレスが大幅に軽減され、利便性の向上・作業効率改善・コスト削減を見込む。

AI OCR sweeep

sweeepは、オートメーションラボが提供する企業の請求書処理業務を自動化するクラウド型OCRサービス。独自のOCRエンジンとAI技術により、アップロードされた請求書を自動仕訳判定の上、会計処理する。従来型OCRでは不可欠だった帳票定義をすることなく、さまざまなレイアウトに対応できることが特徴。また帳票の保管・管理、承認、会計システムへのデータ出力、支払連携など、ワンストップで業務を完結できる周辺機能を備えた特化型AI-OCRとなっている。

同社らによると、sweeepとfreeeのAPI連携により、sweeepと会計freeeで取引先、部門、品目、メモタグ、セグメントのマスタを同期。読み込んだ請求書ファイルを会計freeeのファイルボックスへ登録。請求書から変換した仕訳データに各種タグや、ファイルボックスを紐付けて会計freeeへ取引登録することが出来るとしている。

 

AI-OCRの最近記事

  1. 住友倉庫、ネットスマイルのAI-OCRサービスを導入

  2. 紙文書をAI-OCRでデジタル化しシームレスに業務システムへ連携「OCRtran」新発売

  3. 請求書を電子化すべきと思っている経理は推定約184万人。「日本の経理をもっと自由に」を始動…

  4. インフォディオ、「スマートOCR(AI-OCR) 基本パック」をリリース。領収書・健康保険…

  5. AI inside、新プラン「DX Suite Lite」の提供開始

関連記事

PAGE TOP