AI-OCR、RPAに関する最新ニュースをお届けします。

  1. AI-OCR
  2. 1718 view

キヤノン、クラウド型AI-OCR「CaptureBrain」を提供開始

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ(本社:東京都)は、クラウド型AI OCRソリューション「CaptureBrain(キャプチャーブレイン)」を2019年5月28日より提供開始した。

CaptureBrainは、同社独自の画像処理技術とAI(人工知能)技術およびCogent Labs(本社:東京都)の手書き文字認識AIエンジン「Tegaki」を連携させたAI OCRソリューション。インターネット経由でアップロードされた手書き帳票類のスキャンデータに対して、帳票種別の認識、画像補正、記載内容のデジタル化までを行い、その結果を編集可能な電子データとしてダウンロードが可能な状態でクラウドに置く。また、認識結果の確認と修正ができる画面および他システム連携に必要となるAPIを備えており、クライアントの要望に沿った個別開発と組み合わせることにより柔軟な導入が可能となる。

キャプチャーブレイン

CaptureBrainの初期設定費用は100万円から。システムとの連携など個別開発は200万円からとなり、年間利用料は対象帳票やボリュームによる従量課金制。同社では今後、業務プロセス効率化の範囲を拡大させるとともに、自然言語処理(NLP)技術などを活用した機能拡張などサービスの充実を図り、CaptureBrainを中核としたOCRソリューションビジネス領域において、2022年までに売上高10億円を目指すとしている。

 

AI-OCRの最近記事

  1. パーソルグループ「障害者×AIによる高度経費精算業務の実施に関する実証実験」を開始

  2. LINE、AI文字認証技術「CLOVA OCR」を活用した請求書のデジタル化を促進。

  3. インフォディオ、撮影した源泉徴収票のデータ化をAI-OCRで可能に。

  4. コロナ禍のテレワーク中に、契約書に関わる会社員の約7割がやむなく出勤

  5. 住友倉庫、ネットスマイルのAI-OCRサービスを導入

関連記事

PAGE TOP